Top > 着物の着付 その2

着物の着付 その2


【男女着物福袋】買い逃し厳禁!今シーズン最後のセール!1点増えてさらにパワーアップ!【袷】...

 

着物の着付は、着物の着方、様々な着物のきこなし、着物の扱い方等のことをいいます。
着物の着付は、足袋をはく、肌着を着る、裾よけをつける、長襦袢を着る、着物を着る、帯を結ぶ、帯締め・帯揚げを結ぶといった流れになります。それぞれにポイントがありますが、長襦袢までの着付で、着くずれしにくいかどうか左右されますので、きっちりと着ることが大切です。
着物の着付を習得する場合、着付教室に通うこともあるでしょう。着付教室に通う場合、家や職場に近い教室を探しましょう。着付教室で、着付に必要な小道具の購入を勧められることもあります。何でもただではないということを覚えておきましょう。小道具を購入する場合は、自分の体に合ったものを集めるようにしましょう。
また着付教室に通えば自分で着物を着られるようになる、というものでもありません。必ず家に帰って着付の練習をしましょう。
自分で着物の着付ができるようになると、着物を着るのが楽になります。楽になると着物の楽しみ方も広がります。せっかくお金をかけて着物や小物たちを用意するのですから、早く着付をマスターして、存分に楽しめるようになりたいものですね。

 

 炭水化物ダイエット  ダイエットのリバウンド  ダイエットの食事
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
和服について(2009年9月12日)
着物について(2009年9月12日)
着物の着付 その1(2009年9月12日)
着物の着付 その2(2009年9月12日)