-和服・着付け

2009年9月アーカイブ

和服について

| コメント(0) | トラックバック(0)

和服は、反物(布が円筒状に巻かれたもの)から制作します。和服の布地はあまり伸び縮みするものではなく、また帯の材質も布です。
和服を制作する場合、反物(布)をほとんど直線で裁断します。一方洋服を制作する場合、曲線で布を裁断することが多く、複雑な形のパーツが切り取られます。この結果、和服の余り布は長方形なので小物作りなどに活用しやすいですが、洋服の余り布は活用しづらいといえます。
和服を着る場合、肌襦袢(はだじゅばん)、長襦袢(ながじゅばん)、長着と順番に重ね着していきます。それぞれ紐で固定していき、長着の上で帯をしめます。和服を着て人前に出るには、この長着まで着ていなくてはいけません。さらに和服の上着(外着)として、羽織やコートなどがあります。
和服は、同じ和服でも着方を変えることができるのが特長です。一方、その和服に合った着方というものもあり、実際には、普段から和服を着こなしていないとなかなかうまくはできないともいえます。

 

 水虫  便秘  腸内洗浄について

着物について

| コメント(0) | トラックバック(0)

☆はじめてでも安心☆お手ごろ福袋で大人の粋スタイル完成!!満足度120%の選べる着物4点福袋♪1...

 

着物と一口にいっても、着物の格付け、着物のTPOなど様々な分け方があります。着物を着こなすには、こういった知識も必要になりますね。
着物の格で分ける場合は、正装・礼装・おしゃれ着・普段着という分け方になります。正装の着物ほど仕立て代も高く、仕立ての手間もかかるといえます。
女性の場合の着物の格付けは、
「正式礼装慶事」の着物は、黒留袖・色留袖・振袖。
「正式礼装弔事」の着物は喪服。
「略装礼装」の着物は、色無地・江戸小紋・訪問着・付け下げ。
「おしゃれ着」の着物はお召・紬・小紋・着尺。
「普段着」の着物は銘仙・ウール・木綿・化繊。
となっています。

男性の場合の着物の格付けは、
「正装慶弔事」は、黒紋付羽二重。
「おしゃれ着(紋を付けると礼装)」は、江戸小紋、紬、お召、小紋、着尺。
「普段着」は、ウール、木綿、化繊。
となっています。

着物のTPOによる分け方もあります。
よくある行事として、入学式・卒業式・七五三の時に女性が着る着物は、着物の格は一つ紋無地・訪問着・付け下げ。帯は袋帯・名古屋帯。羽織は黒紋付、絵羽織。コートは道行となっています。
法事の場合(女性)は、着物の格は弔辞用の模様の着物・一つ紋付無地。帯は黒名古屋帯・黒袋帯。羽織は黒紋付。コートは地味な色の道行となっています。

 

 美腰ダイエット  足ダイエット  商品先物取引
初心者の方も安心♪一式ぜ~んぶ揃った♪スペシャル!コーディネートセット♪ありがとうござい...

 

着物の着付とは、着物の様々な着方、着物のたたみ方等の扱い方のことをいいます。着物は、長着を帯で固定して着るものです。よって洋服と異なり、ある程度は着付を知らないと着物を着ることさえできません。
着物の「着付教室」は、趣味・習い事のひとつとして現在どこででも見かけることができます。着物の着方のみならず、優雅な立ち居振舞いや、丁寧な言葉使いやマナーなどを教えてくれる教室もあるようです。
着物を外見上着られただけでは、確かに不十分かもしれません。着物を着ているだけで、奥ゆかしい雰囲気や上品なイメージが漂うわけですが、着た人の立ち居振舞いがそれに見合っていなければ、せっかくの着物も台無しになってしまいますね。
着物の着付は、肌着(肌襦袢)、長襦袢、着物と重ねて着ます。よって着付のポイントは、着物の「土台」となる肌襦袢・長襦袢をきっちり着ること、そして腰紐をきっちり結ぶことです。体型にあわせて補正のついた肌着を着ると、着付も楽になります。もちろん補正はガーゼやタオルでもできます。
着物の着付は、まず着くずれしないように着られるようになることがポイントです。

 

 ダイエット本  ジョギングダイエット  もろみ酢ダイエット

【男女着物福袋】買い逃し厳禁!今シーズン最後のセール!1点増えてさらにパワーアップ!【袷】...

 

着物の着付は、着物の着方、様々な着物のきこなし、着物の扱い方等のことをいいます。
着物の着付は、足袋をはく、肌着を着る、裾よけをつける、長襦袢を着る、着物を着る、帯を結ぶ、帯締め・帯揚げを結ぶといった流れになります。それぞれにポイントがありますが、長襦袢までの着付で、着くずれしにくいかどうか左右されますので、きっちりと着ることが大切です。
着物の着付を習得する場合、着付教室に通うこともあるでしょう。着付教室に通う場合、家や職場に近い教室を探しましょう。着付教室で、着付に必要な小道具の購入を勧められることもあります。何でもただではないということを覚えておきましょう。小道具を購入する場合は、自分の体に合ったものを集めるようにしましょう。
また着付教室に通えば自分で着物を着られるようになる、というものでもありません。必ず家に帰って着付の練習をしましょう。
自分で着物の着付ができるようになると、着物を着るのが楽になります。楽になると着物の楽しみ方も広がります。せっかくお金をかけて着物や小物たちを用意するのですから、早く着付をマスターして、存分に楽しめるようになりたいものですね。

 

 炭水化物ダイエット  ダイエットのリバウンド  ダイエットの食事
カテゴリー
更新履歴
和服について(2009年9月12日)
着物について(2009年9月12日)
着物の着付 その1(2009年9月12日)
着物の着付 その2(2009年9月12日)
カテゴリー
更新履歴
和服について(2009年9月12日)
着物について(2009年9月12日)
着物の着付 その1(2009年9月12日)
着物の着付 その2(2009年9月12日)